メイン画像

2人目不妊の原因

2人目不妊の原因としては、高齢、出産時の損傷等が挙げられますが、実は男性側にも原因はあります。
妻が高齢ということは、夫も高齢である可能性が高く、実際、精子の数が少ない人もいます。
精子は加齢で弱体化し、その数を減らします。また、ストレスにも弱く、過度のストレスに曝され続けると、受精のための機能が著しく低下してしまいます。
2人目の出産を希望する夫婦は30代であることが多いのですが、30代は働き盛りでもあります。会社で受けるストレスは相当なものですから、仕事が忙しくなれば、精子はその影響を受けてしまいます。30代でも生殖機能は低下するのだと聞いて驚く方もいらっしゃるでしょうが、実は射精障害や勃起障害に悩んでいる若者も少なくありません。どうしても射精障害が自然治癒しなければ、先ずはストレスを解消するための行動を取るべきです。
生活習慣を見直し、たばこや酒は控えます。それでも治らなければ、医師に相談しなければなりません。
早期に治療を始めれば、それだけ治る可能性が高くなります。

新着投稿

免責事項

当サイトに掲載している情報をもとに、閲覧者、第三者が行動し、その行動に伴い損害が発生したとしても、当サイトの制作者は責任を負うことが出来ませんのでご了承下さい。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧下さい。

TOP