メイン画像

2人目不妊の実態

不妊治療に臨んでいる夫婦の中には、既に子どもを授かっている人たちもいます。彼らは2人目の子どもが欲しくて治療を受けているのです。
彼らは1人も産めないでいる夫婦に比べて、同情される程度が低いように思われます。もちろんそのように扱われるのは分からなくもないのですが、彼らも苦しんでいないわけではありません。2人目不妊は何故起こるのでしょうか。また2人目不妊に悩んでいる人たちはどのように対応し、どう感じているのでしょうか。
まず2人目不妊の要因についてお話しします。最近は2人目不妊が増えているそうですが、その原因はやはり高齢の出産計画にあります。
初婚の平均年齢は上がり続けており、今では30歳前後で結婚するのが一般的になりました。そうすると、丁度妊娠率が大きく変化するタイミングで出産計画することになり、結果的に1人目だけが35歳までに生まれてくるのです。35歳を越えると妊娠が難しくなりますから、それが2人目不妊の要因となっているのです。
2人目不妊の要因はもう一つあります。それは、1人目の出産の際、身体に負担をかけてしまったことが響いているというものです。
例えば分娩によって母体が傷つくこともあります。出産は出血量も大量ですから、それも悪影響を与えます。出血箇所から細菌が入ると、子宮の恒常的な炎症を招いたり、卵管を詰まらせてしまったりするのです。また、授乳という行為も母体に悪影響を及ぼします。
2人目不妊は不妊治療患者の3割に上るというデータもあるくらいで、2人目不妊の実態を明らかにすることは、同時に不妊治療そのものの改善に繋がるはずです。ですから筆者は当事者の言動や思いを大切にして、そこから社会的な対策を練るべきだと考えています。

新着投稿

免責事項

当サイトに掲載している情報をもとに、閲覧者、第三者が行動し、その行動に伴い損害が発生したとしても、当サイトの制作者は責任を負うことが出来ませんのでご了承下さい。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧下さい。

TOP